便利なアニメーションGIF再生ソフトを見つけたのだった

 アニメーションGIFは、windows標準画像Viewerである「windowsフォトビューワー」では再生されず静止画になってしまう。
IEでの再生が可能ではあるが、使い勝手が悪く窓が画像より広く開いてしまう駄目な子だ。

そこでアニメーションGIFを手軽に軽快に開けるソフトはないものかと探した。




インストールしては確認してアンインストールの繰り返し。レジストリにゴミが溜まっていくというストレスを抱えながらもその作業を続けていって、ついに見つけたのだ。

MassiGra Version 0.45※フリーソフト

 このソフトはインストール不要であり、拡張子を関連付けるだけで使用可能だ。
拡張子の関連付けについては、目的の画像アイコンの上で右クリックして、『プログラムを開く』→『規定のプログラムの選択』→『参照』→『MassiGra Version 0.45フォルダ内』にある『MassiGra.exe』をクリックすれば良い。

ちなみに僕は、インストール不要のソフトについては分かりやすいようにCドライブに『インストール不要Program』というフォルダを作って、区分けしている。

他のソフトだとGIFがカクカク動いちゃったりなんかして使いものにならないものがあったりしたのだが、MassiGraはサクサク動く。ホイールを上下に回転させれば画像を送る事が出来るし、左側にボタンのついているマウスだったりすると拡大縮小が楽に出来る。

仮に凡用マウスだったとしても、マウス動作をカスタマイズ出来る為、自分が使いやすいように変更可能である。使い慣れた『windowsフォトビューワー』と同じ設定にするのもいいだろう。

規定の設定では、画像を送っていくと一周した時に『これ以上画像がないよ』みたいな小窓が出るが、ループさせる設定も可能になっている。

 やり方については、MassiGra Version 0.45で画像を開き、その上で『右クリック』→『その他』→『設定』→『移動』→『最後/最初に到達した時(F)』の右側にあるプルダウンを『フォルダ内ループ』に設定して『OK』を押せば良い。

簡単。

 当初、アニメーションGIFのみ、このソフト(MassiGra Version 0.45)で閲覧しようと思っていたのだが、あまりにも使い勝手が良いのでBMP以外はMassiGra Version 0.45に関連付けした。

 BMPは、画面のスクリーンショットを撮った時に貼り付けてトリミングしたりするのでwindowsに標準でインストールされているmspaint.exeに関連付けしている。画像編集が終わったらjpegにするので問題ない。

ちなみにmspaint.exeの場所はC:\Windows\System32\mspaint.exeだ。

windows7以降のOSにも、ひっそりとインストールされているので見つけてみるといい。

 蛇足として、スクリーンショットはキーボードの「Print Screen」を押す事で『スクショ=コピー』となり、mspaintを開いて『編集』→『貼り付け』→『保存』で完了。
※スマホのように自動保存じゃないので気をつけて

最初から画面全体をスクリーンショットするのが嫌で嫌でたまらないという方は、windowsに標準でインストールされているSnippingTool.exe(windows\system32\SnippingTool.exe)を使えば良い。

良く使用するのであれば、ソフト上で右クリックを押して『タスクバーに表示する』を押せば良い。
他のソフトだとたまに『タスクバーに表示する』が表示されない場合があるが、その際は、ソフト上で右クリック→『送る』→デスクトップ(ショートカットの作成)を選んで、とりあえずデスクトップにショートカットを作る。そのショートカットを画面下部のタスクバーにドラッグして、デスクトップ上のショートカットを削除すれば良い。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です