コスパに優れたおすすめのSDメモリーカード

 今回、お薦めのSDメモリーカードとして、「SanDisk Extreme Pro UHS-I  カード SDXC Class10  95MB/s」を紹介したいと思います。

その前に、このUHS規格には、新しい規格である UHS-II があるのですが、今から紹介する商品と比較して約3倍の価格差がある上、対応機種(性能を活かせる機種)が数少ないのと、非対応では逆に書き込み速度が遅くなる(PC※USB2.0以上への書き込み以外)というデメリットがあります。

それでは、本題。大体の方が「安いに越したことはない」と考えるでしょう。そうなると国内正規品ではなくて、並行輸入品の選択肢に限られてくるかと思います。問題はここから。

「どこの業者から買えば良いのか」です。

私が購入し、Sandisk社より「正規品」であると検証してもらった商品がこちらから購入出来ます。
※購入先は、Amazon(取扱店:jnhショップ)

SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I Class10
¥4420円(2017.9現在※Amazon)
※ソフト「レスキュープロ」付属

サンディスク社製UHS-I規格のSDカード(国内正規品)は、入手困難な状況になっていますので、やはり並行輸入品の選択肢になります。

レビューで、「ベンチマークの結果、書き込み速度が遅いって書いてあるけど?」という意見があるでしょう。
まず、ベンチマークを行う環境が記載されているかどうかです。

正しいベンチマークの結果を求めるには…

・最新式のPC(ゲーミング仕様)である事
・当たり前ですが、USB3.0で接続してある事
・計測を行う機材で、フォーマットをしている事
・少なくとも10回は、計測を行う事

が最低条件となります。(サンディスク社より)

太字で記載した「フォーマットをしている事」を見落とす方がいらっしゃいます。なぜかというと、「フォーマットしなくても使えちゃう」から。でも、フォーマットしなかったら書き込み速度は、格段に落ちます。あと、初回の計測結果も格段に落ちています。




今、自分が持っている並行輸入品のSDカードが正規品か確認したい!確認方法は?」という方がいるかもしれません。
確認方法は簡単です。

日本のサンディスク社へ正規品の確認を行う

並行輸入品であっても正規品であるかどうかの判断はしてもらえます。しかも検証してほしいSDカードの表面と裏面の画像を送るだけ!※どのように判断しているかは当然、教えてもらえませんでした。

という訳で、こちらからお問い合わせ下さい。
※偽物であっても、並行輸入品は保証対象外なので、交換は出来ません。但し、Amazonで購入した商品ならば(購入後30日以内)、返品可能(2017.9調べ)です。

当初は、「使えればいいだろう」って事で国内正規品でも激安なTOSHIBA製をNikon D810で使っていたんですが、書き込み速度が30MB/s(うる覚え)で、連写するとすぐにエラーの連続。
しかもエラー表示前の10枚くらいのデータが壊れていて、気に入った構図のポートレート撮影の写真が消えた悲しみを覚えています。屋外で対人なので、撮り直しても、再現出来ませんでした(´;ω;`)

データが消えてもかまわない!って人は、安ければなんでも良いと思います。エラーは極力減らしたい!って方は、今回紹介したサンディスク社製のSDカードを絶対におすすめします。

記事:白虎

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です