ほとんどの人が気づいていない『Amazonの”ほしい物リスト”』のヒミツをご存じですか?





どうも白虎です!年がら年中、お腹が空いてたまりません(´;ω;`)
食べると太るので我慢して、無酸素運動→有酸素運動をはじめました

健康にも良いので是非ともやってみてね

広告掲載よりも、ほしい物リスト?

それでは早速、ほとんどの人が気づいていない『Amazonの”ほしい物リスト”』のヒミツをご存じですか?についてです

巷では、徐々にブログ等で、ほしい物リストなるものをみかけるようになったかなと思います
Youtubeなんかでもとりあげていますが、どうしてでしょう?

主な理由としては、「広告を消すプラグインが常識になりつつある原状、アフィリエイトの広告収入だけではブログが存続できないから」だと個人的には思っています。あとは、広告を入れる事によってサイトの見栄えが悪くなるってのもあるかもしれません。

アフィリエイトブログ、課金ゲームを嫌う人たちが、中にはいますが、ブログを書くのにもプログラムを組むのにもメンテナンスを行うにも時間と労力が必要なのを分かって下さいね

雑誌やテレビの広告は許されているのに…個人的には無料を謳った先駆者のせいだと思っています。

あぁ、話が脱線してしまった(;・∀・)

Amazonのほしい物リストとは?

Amazonの”ほしい物リスト”とは、「高いけどどうしても欲しい」「買う程でもないが商品レビュー用に欲しい」等の理由で、個人又は法人が、Amazonでリストを作り、そのURLを貼って、それを見つけた、お金持ちさんや優しい方が代わりに買って上げるというシステムなのです。

有効な利用方法としては、震災等が起きた際に被災者がAmazonでほしい物リストを作成してTwitter等に載せるとかかな
贈る方が「あの人達が欲しいものはこれだろう」と、贈られる人が「一番欲しいのはコレだ」が一致して大変便利!

個人情報は大丈夫?

そこで気になるのが個人情報ですね。『送り主欄に自分の名前や住所が載って嫌だ』『贈ってもらったはいいけど、その後に恐喝とかされないかな?』なんて心配する人が、かなりいるかなぁと思います

安心して下さい

贈る方の住所、氏名、電話番号等は一切記載されません。代わりに『Amazonからお届け物やでー』って具合の表示がされるだけ
ファンとして贈りたいけど、本名バレは嫌だって人は、無料でカードを入れられるので利用してみて下さい





※贈られる方は気をつけて!

Amazonのほしい物リストを作成する際、氏名にニックネームを記載し、住所の最後に、本名を書く事!

詳しくは、他サイトにあると思うので最新の情報を探してね!(ここのサイトを見る頃に、方法が変わっていたら責任もてないですし)



かくいう白虎も、「Amazonのほしい物リスト」を作っていて、記事の下部に掲載しています…が…贈られて来た試しがない(´;ω;`)

『個人情報がバレるんじゃないの?』って思っているからかなぁと思って、この記事を書く事にしました。

最後に

もういっその事、個人からの義援金集めはやめて世界中の困っている人々が「ほしい物リスト」を作ればいいと思っています。

個人的には、大きな団体が活動して集めた義援金も、どれ程のお金が当事者に渡っているか分からない世の中ですし

ちなみに、宝くじ(復興も含めて)の売上分の6割が人件費に周っているそうですよ

おいしそうな団体だ

※匿名で贈られます

記事:白虎

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です