30%コスト削減!炭酸水1L約25円「ドリンクメイト マグナムスマート」発売

んにちは白虎です!
今回、前々から気になっていた機種がバージョンアップするそうなので記事にするがてら調べてまいりました!

 

シナジートレーディングは、米i-Drink Products製の家庭用炭酸ソーダメーカー「drinkmate(ドリンクメイト)」より、炭酸水専用の新モデル「マグナムスマート」の発売を2018年5月1日に開始した。家庭用炭酸ソーダ生成機「ドリンクメイト」の水以外のジュースやワイン、日本酒、気の抜けたコーラなどにも対応するモデル。同モデルは炭酸水を作るコスパを重視しており、炭酸ガスシリンダーは既存の60Lの約2.4倍となる、最大142Lの炭酸水が作れるようになった。交換用シリンダー3,542円で最大142Lの炭酸水を生成できるため、1Lあたり約25円というコスパを実現した。既存の60Lシリンダーの場合、1Lあたり約36円のコストであるため30%のコスト削減を実現したことになる。このほか従来同様に、注入ボタンを押す回数で微炭酸から強炭酸まで好みの炭酸濃度が楽しめるほか、電気を使わず、場所を選ばず屋外でも使用できる。

本体サイズは13.5(幅)×23.6(奥行)×42.9(高さ)cm、重量1.6kg。セット内容は、本体×1、専用ペットボトル(キャップ付)×1、ガスボンベ×1。

カラーはホワイト、マットブラック。

価格は 9,880円(税込:10,670円)

情報元:価格.com※情報を追記しています

 

スポンサーリンク




 

加情報ですが、前機種とほぼサイズは変わりません。

前機種は…126(幅)×206(奥行)×411(高さ)mm 重量:1.5kg

まずはじめに気になるのが価格。前機種はセット内容も同じというのに2倍近い18000円(税抜)※公式サイト価格で販売されていました。

なのに、どのサイトをまわっても価格の下落には一切触れていないという不思議!

そして、次に気になるのがドリンクメイトの公式サイト

マグナムスマートは一切記載されていないし、それを思わせるような文言も見つかりません(;・∀・)

不思議です。

不思議ですが、現存するのだから、しようがありません!※Amazonには現存しない…

今回、前々から欲しいと思っていたので記事にする事にしました。買わなかった理由というのが、周りの評判がいまいちで、「使わなくなった!」っていう人の話を友人を介して聞いていたからです。

なんやかんやと面倒らしい。

ただ、この新しく出た「マグナムスマート」は142Lの炭酸が作れるというから魅力的!

調べた所によると、炭酸ガスには「交換用ガス」と「予備用ガス」の2種類があって、「予備用ガス」の方が高くなります。但し、「交換用ガス」は、安い代わりに”空のガス”を店頭に持っていって(若しくは通販会社へ送付)交換するという手間がかかります。

「マグナムスマート」は、約2.4倍の容量ですから、その手間も2.4倍分かからなくなるという訳です。

購入したあかつきには、今使っているブリタの浄水器で作った浄水を、この「マグナムスマート」で炭酸水にするという夢のタッグが実現するのです。

ブリタの浄水器はミネラルが入っていないので味がしないのですが、軟水のように口当たりがなめらかなのです!(味がしないけど美味しく感じるのです)

ちなみに、これが私が使っている浄水器と同じようなもの。これを悪徳水道業者がひと目見て、一目散に撤退した過去があります。後日、聞いた話によるとブリタの製品にケチをつけるのは難しいとか。


※替えのカートリッジは高くても近くのショップで購入する事を強くオススメします(偽物が多く出回っているため)。
※日本仕様のカートリッジじゃないと、日本の水道水には対応していません。


■閑話休題■


気不要という事を今更知ることに!(記事にして良かった)これならPCデスクに置ける!と思ったのもつかの間。もう置くスペースがない事に気づきました(;・∀・)

買うならマットブラック1択。あとは置く場所が決まったら近所で買ってきます!

取扱をやめてなきゃいいけど…





※匿名で贈られます

記事:白虎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です