記事が存在するのにソフト404エラーの通知がきた話

暫くぶりの白虎です。
今回は、タイトルにある話をしようかと思います。

ある日突然、以下のメールが知り合いに届きました。

■タイトル■
サイト https://○○.com/で「対象範囲」の問題が新たに検出されました。

■本文■
https://○○.com/の所有者様

Search Console により、貴サイトに影響する「対象範囲」関連の問題が新たに1件検出されました。「対象範囲」はGoogle検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:

送信された URL はソフト404エラーのようです

以下に、「Search Consoleを使用して対象範囲の問題を修正」というボタンがある訳ですが、ボタンを押しても修正してくれる訳ではなく問題が解決したかどうかの結果が表示されるだけです。要するに「お前、がんばれよ」と。

ボタンをクリックすると、問題のページが確認出来ました。

なんと、”未分類”のカテゴリーページ(https://○○.com/category/未分類/)。未分類には1記事だけ分類してありました。※当サイトの話ではないです

直接アクセスすると普通に表示されます。ソフト404エラー問題の中でも珍しい「ページが存在するのにソフト404エラー」。しかも通常消すようなページじゃないカテゴリーページの”未分類”。

まず、未分類にあった記事を他のカテゴリーに移動し、未分類を空にしてみました。通常であれば、それでもカテゴリーページとして表示されるはず…が…「お探しのページが見当たりません」と表示されました。404エラーページです。何にもデータないよって事です。カテゴリーの説明文を入力してあるので、存在はしているはずなのですが。

全く意味が分かりません。分かりませんが、同じような現象に遭遇した人を見つけました!

解決方法

解決方法としては、未分類のカテゴリーを削除するというもの。

※事前に”未分類”に代わるカテゴリー(blog,その他等)を作っておいて下さい。
wordpressのダッシュボードにある設定→投稿設定にて、「投稿用カテゴリーの初期設定」と「メール投稿用カテゴリーの初期設定」を上記で作成したカテゴリーに変更して「変更を保存」をクリック。

あとは、投稿一覧のカテゴリーから未分類のカテゴリーを削除して下さい。

上記の方法は避けたい…という方に、未確認ですがカテゴリーをno index化する方法が考えられます。





問題のサイトのSEOプラグインはYoast SEOなのですが、これはカテゴリーを個別にno index化させる事が出来ます。なので、今回で言う問題のページ(未分類のカテゴリーページ)のみno indexにすれば良いでしょう。カテゴリーの編集(投稿→カテゴリー→編集)に飛び、下部にあるYoast SEOの歯車アイコンを押すと、Allow search engines to show this カテゴリー in search results? という欄があるので、「いいえ」を選んで下さい。それで、通常ならばGoogleは該当カテゴリー一覧ページを探しにこないはずです。

とは言っても、カテゴリーの検索ヒット数を狙っているから上記手段じゃ駄目!というお方がいらっしゃるかもしれません。ググった限りだと、該当ページが重い場合もソフト404エラーの通知が来るそうです。それか一度、今回の問題でいう未分類のカテゴリーを削除して、同じカテゴリーを作り直すというのも手かもしれません。
今回、問題を起こしたサイトにおいて他のページのヒット数が下がったという事はないようなので、ヒット数を稼ぐページでもなければ気長に頑張って下さい。

Googleを怒らせている訳ではないって事です。
いや、急に怒るかも(; ・`д・´)

他に方法を知っている方がいましたら、コメント欄に記載いて頂けると有り難いです。

■後日談

Googleによる検出「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の話

※匿名で贈られます

記事:白虎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です