Facebook、150以上の企業に個人情報へのアクセスを許可

Microsoftの他にApple,Amazon,Netfixなど150以上の企業に個人情報へのアクセス許可を行っていたと、The New York Timesが報じています。
スポンサード リンク




Facebook問題

2018年3月 Cambridge Analyticaが8700万人以上のユーザーの個人情報(ユーザープロファイルの基本情報)を悪用
2018年9月 5000万人分のユーザーアカウントにログイン出来るアクセストークンの流出

今回の騒動

例えばMicrosoftの検索エンジン「Bing」。Facebookでプロフィール情報を「公開」に設定しているユーザーに限った話ですが、Facebookユーザーのプロフィール情報や友人の名前へのアクセスを許可されていたとの事。これは「インスタントパーソナライゼーション」と呼ばれる機能で、Facebookで繋がる友人の誰がどのサイトを使ったかを訪問者に知らせるというもの。2010年に導入されたものの大非難の末に2014年には廃止されましたが、それ以降もMicrosoftはアクセス許可を持っていました。Microsoftはすでにこれらのデータを削除済と表明しています。

又、Appleは、Facebookにてプロフィールを「非公開」にしていたとしても、連絡先とカレンダーへのアクセスが許可されていた模様。Appleは「知らなかった」と述べています。

Spotify,Netflix,Royal Bank of Canadaは、Facebookユーザーのプライベートメッセージの閲覧、編集並びに削除が出来る権限を与えられていたとの事。SpotifyもAppleと同じ見解を示しています。

Amazonは、Facebookユーザーの個人情報や連絡先にアクセスを許可されていましたが、「私達のプライバシーポリシーに従って使用しています」と述べています。

「明示的な同意なしにユーザーのデータを共有している」という点が今回の騒動です。

参照:Gigazine

何が問題か

誰が誰と友人で、その人達の連絡先はなんなのか。それに、その人達はいつもどのサイトを閲覧しているのか、プライベートメッセージではどんなやり取りがされているのかという、もう素っ裸状態を見られているのです

もしプライベートメッセージで恋人同士が良からぬ画像を共有していたとしたら、それも見られていたという事です

「LINEも筒抜けだしいいんじゃない?」と言いつつもグルチャで陰口を叩いている人もいる訳ですが、その内容が公になったら気まずくなりませんか?

良からぬ画像なんかが流出したら職場や居住地を変えなきゃならなくなります

流出問題の記事が多くて麻痺していくのは当然ですが、流出問題を起こした企業に対し各国で『重大な処罰』を下せる法律を作ってほしいです

※匿名で贈る事が出来ます

記事:白虎S

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です