【超簡単】外付けフラッシュ1灯で商品撮影してみた

1灯で商品撮影(物撮り)するキッカケ

撮影BOXのレビューを書くために参考写真を撮ろうと思ったのだけれども、照明のセッティングが面倒くさくて「外付けフラッシュ1灯で撮るか」となったのである。ちなみに外付けフラッシュはカメラに装着した状態
スポンサード リンク




写真の方は…

かなり無謀な事ではあるけれども、結果としては「1灯にしては上出来じゃない?(ΦωΦ)フフフ…」だったのだ
被写体が(ホコリを被った)島風のフィギュアでとても小さかった事からf値を20まで絞った
商品撮影は望遠(300mm)で撮るのがセオリーとミスを犯すも撮り直しせず(;´Д`)
120mmだし、いっかなぁと思って
そして、その出来上がった写真が以下である

外付けフラッシュ1灯で撮影した島風のフィギュア

上出来でしょ?でしょ?影も抑えられてるし
背景を消せばもっと良くなると思う
バック紙は、撮影BOXに付属していた白布が汚れて使い物にならなくなった為、印刷用の大きいロール紙を使ったのだぁコスパ良いよ!

撮影機材エトセトラ

その撮影機材であるが、
Nikon D810。Nikon24-120mmf4。フラッシュはNikonのSB-910
被写体が小さいので300mm級のレンズがないならばトリミング必須になるので(ボケるので)、画素数の多いカメラが良い良い。フラッシュは中華製のでも良いかな


↑↑SB-900がなかったので、その後継機

あとはAmazonで買ったアンブレラと撮影BOX、それに印刷用のロール紙


↑↑購入した商品が売り切れたので似たもの商品


※フラッシュ2灯あるなら撮影ボックスなしでいけるので、大きめの被写体撮れます
\(^o^)/

撮影BOXのレビューは?


使わない時は折りたたんで収納できるのでとても便利。上部が半透明になっているので上から照明を当てられるし、ディフューザー代わりになってくれるので光が柔らかになる
ただ、付属のバック布で青と灰色(両面なので1枚)は使わないなぁと思った。白は裏生地がゴワゴワしていて洗えないタイプで汚れたらおしまい
※上記商品には白布が付属しない代わりに安価
よって、今回おすすめするロール紙と組み合わせたら最強なのである
ロール紙は使う分(※二重にする)を巻いた状態で撮影ボックスに合わせた大きさにハサミで切るといいだろう。多分、普通のハサミでは切れないのでオルファのハサミを推す
※ちなみにロール紙は撮影ボックスにクリップで止めるといいよ

丁寧にやりたいならばオルファのカッターで

どうだったかな?
情報を色々凝縮した記事になっているので深く読んでもらえるといいなと思う

※匿名で贈る事が出来ます

記事:白虎T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です