【最新】KINGSOFT Office2016 無料無期限広告なしで使う方法

■追記■
「広告を消す方法」についての項目を追記・編集


前にKINGSOFT Office2010の日本語化と広告を消す方法の記事を書いた

KINGSOFT Offece2010を無料広告なしで日本語化にできちゃう!

今回は最新(2018年12月時点)のKINGSOFT Office2016[WPS Office2016]の日本語化と広告を消す方法+自動アップデートの無効方法を紹介したいと思う

KINGSOFT Office2016の何がいいって、2010ではなかったPDFに変換が出来るところ。これ大きい!!

動作確認は、windows10pro 64bit環境で実行

日本語化と広告を消すのは楽だったのだが、自動アップデート(KINGSOFTを起動させる度に自動でタスクスケジューラの項目ー1時間毎にアップデート確認ー)が復活し有効になって、無効というか根本的に削除するのが大変だった

とは言っても、前回と似た箇所が多いので重複するかと思う(やり方が若干スマートにはなった)

スポンサード リンク




KINGSOFTの日本語化

1.30日間無料のKINGSOFT日本語版を下記公式サイトのリンクからダウンロード&インストール

https://support.kingsoft.jp/wps/wps_ins/kso2016_install.html

2.C:¥Program Files(x86)¥kingsoft¥WPS Office¥製品バージョン¥office6¥muiのフォルダ内に入っている、『ja_JP』というフォルダをデスクトップ上にコピー

3.アンインストール

4.海外の公式KINGSOFTを下記リンクよりダウンロード&インストール

http://www.kingsoftstore.com/software/kingsoft-office-freeware

※インストール時、上下2箇所チェックする項目があるが、上だけチェックでいい

5.デスクトップに出来たKINGSOFTのショートカット(WPS Writer)上で右クリック→ファイルの場所を開く
※開いた場所は、C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Kingsoft¥WPS Officeになり、2つのフォルダ(10.2.0.5871と10.2.0.7587)があるはず

6.フォルダの10.2.0.5871→office6→mui内に、日本語フォルダ(ja_JP)をコピペ

7.C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Kingsoft¥WPS Office¥10.2.0.5871内にあるoffice6のフォルダをC:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Kingsoft¥WPS Office¥10.2.0.7587内にあるoffice6に上書き

8.デスクトップ上のWPS Writerを起動し、言語設定(起動後の画面右上にある『A』というアイコン)にて、日本語が選べるはずなので、日本語を選択

9.パソコンの再起動

※日本語化完了!!

広告を消す方法

1.C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Kingsoft¥WPS Officeを開いたら、右上の枠に「khomepage.dll」と打ち込んで削除。同じように「product.dat」と打ち込む

2.product.datは削除しても使用している間に自動的に又、作成されるみたいなのでテキストファイルで「product.dat」を作成し(拡張子もtxtからdatに変更)、右クリック→読み取り専用にチェックをいれる
※念の為、元の「product.dat」は、product.dat_oldと名称を変えて保存

※完了!

 

スポンサード リンク




 

自動アップデートの削除方法

いじらなければ1時間毎にアップデート確認する仕様のよう

1.タスクバーにある『スタート(Microsoftのアイコン)』→「最近追加されたもの」「よく使われるアプリ」の下に移動→『WPS Office』→『WPS Office Configuration Tools』が表示されるのでクリック→詳細→アップデートの設定→→Do not update automatically(not recommended)※訳:自動更新しない にチェック→OK

2.C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Kingsoft¥WPS Officeを開いたら、右上の枠に「updateself.exe」と打ち込んで削除

3.レジストリエディタ(regedit)にて、「wpsupdatetask」と打ち込んでファイルごと削除

※これで1時間毎に行われる自動アップデートを止める事が出来たかなと思う

kingsoftを起動する度にwpsupdatetaskが作られる模様。kingsoftの設定では、アップデートをしないよう設定しているので大丈夫かと思う

 

不安のある方は以下のKINGSOFT Officeを購入しよう

■記事:白虎X■


備忘録
wpsupdate.exe※復活する
wpsupdate.exe_delを削除してもエラーが起きない
wpsupdate_res.dllを削除するとエラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です