真冬のダイエット日記 第6回『膝の痛みと戦う』

※上記画像はiPhoneアプリ「RecStyle」を使った体脂肪率のグラフです。増えたり落ちたりしていますが、これが当然との事

ダイエットに関する全記事はこちら

ダイエット21日目
体重:82.9kg(-1.6kg)体脂肪率:21%(-1%)

膝を故障

股関節のストレッチを朝と昼に行って、膝への負担を減らそうと努力していたのですが、その努力も虚しく膝を痛めてしまいました。膝痛です

しかも思うように痩せない(´;ω;`)

原因は何か…膝周りの筋力のなさはもちろん、ウォーキングする環境が悪いんじゃないかなと

というのも、ウォーキングする場所が散歩コースなのですが、砂利だったりデコボコした土だったりと舗装されていないのです
それで体が思いもよらない方へ傾き、補正をかけつつ歩いた結果、膝を痛めたと

スポンサーリンク




敬遠していたトレーニングジムへ

これはマズいなという訳でトレーニング環境の整ったスポーツジムに今日から通う事にしました

屈伸運動の時から右膝に痛みが出ましたが、痩せるのを先決に考えているので『出来るところまでやろう』と決めて始める事に

人が多いと、使いたいトレーニングマシーンが使われていたりとスムーズにトレーニング出来ないんですよね

ダイエットなので、無酸素運動(筋トレ)→有酸素運動(ランニング等)の流れの中、休憩は許されず、小さい規模のスポーツジムは不向きだったりします

今日は冬休み+日曜日という事もあってなのか混んでいました。しかもランニングマシーンの半分が故障中という…ここ、いっつも何か壊れてるんですよね。休みの日に直せばいいのに。無料じゃないんだから

胸→背中と鍛える中、腹筋を鍛えるマシーンを独占する輩がいて非常に迷惑でした。30分以上独占していたと思います。筋トレは軽いウェイトでやっても意味がないのに…

しょうがないので、空きスペースで腹筋を行い、ランニングマシーンへ

ランニングマシーンで1時間運動しても膝にそれほど痛みは感じませんでした。外(あぜ道)を歩いていた時の膝の痛みに比べたら雲梯の差

やはりスポーツジムはいいですね。これで自分のペースでやれたら最高なんですけど、共有物ですしそうはいかないのが現実(;´Д`)

膝痛を克服するポイントとは?

これから先、スポーツジムでのトレーニングをメインで行って、それでも膝の痛みに悩まされる日がくるかもしれません

その前に予防策を講じたかったので、ジムのトレーナーに相談したところ、『プールで大股歩きをするといい』という情報をいただきました

膝の痛みがとれたら、これとこのマシーンで膝周りを鍛えてねと言われ、一通りトレーニングが終わっても膝への痛みは忘れてしまったかったのようになかったので軽く膝周りのトレーニングをしました

スポンサードリンク





気になるプールですが帰りに見学しました。『冬場は混んでいないので最適ですよ』との事だったのですが、『割と空いている池袋並』の混みようでしたよ。日曜だからかな。あんな環境で大股歩きしていて、横でバシャバシャ泳がれたらイライラしそうなので、平日にまた見に行ってプールでトレーニングするかどうか決めたいと思います

でも、プールのトレーニングは有酸素運動。ジムで筋トレして数分でプールに飛び込むのは不可能に近いので膝のためにダイエットを中断…とまではいかないまでも、痩せるスピードは今まで以上に激減するやもしれない

それを思うと『ランニングマシーンだと膝が痛くないし、それにしよ』と心が傾いています

ランニングマシーンで大股歩きができれば、自分の中でベストなんですけどね。大股歩きは股関節を和らげるのに効果があって結果、膝への負担も軽減されるそうなので、膝の痛みに悩んでいる方。まずは安静にして膝痛が和らいだ頃に『プールで大股歩き』をするというのでオススメです

ダイエット中の方は、私同様、ランニングマシーンで『出来るだけ大股歩き』をするでいいんではないでしょうか

あと、ウォーキングは『走るか”走り出しそうなスピード”』がベストらしいので最近は、『走り出しそうなスピード』で有酸素運動を行っています。まぁ、1時間もそのスピードで歩けないので最初の30分のみであとは『少し早歩き』にとどめています

体重は1.6kgしか減ってはいないんですが、走るのも億劫だったのが今では少し楽にはなりました。これが唯一の朗報かな


※プレゼントこないかなぁ

記事:白虎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です