通信教育なら自分の夢に近づける-まとめ-メリット・デメリット-

通信制と全日制の違い

まず通信教育(通信高校)とはどういうものなのかを知っておきましょう。
通信高校とは学校にほとんど通うことなく高校を卒業することができる制度です。
※通信制高校相談センターなら年4回ですみます!

では学校に行かずにどうやって勉強するのかというと、テキスト(教科書や問題集)が送られてくるのでそれを見て自分で勉強します。自分だけで勉強できるのか不安になると思います。そういう時は学校の担当教科の先生に質問できるようになっています。
質問の方法としては学校によっても違いますが、たいていの学校ではメールか専用の質問用紙で質問します。もしくは学校に行けば先生がいるところもありますが、その場合でも常に先生がいるとは限らないので事前に電話して先生がいる時に学校へ行って質問します。
またインターネットを使った動画授業を見ることもできるので、わからないところは何度も動画を見返して学ぶことができます。
勉強した範囲が理解できているかどうかを確認するために、送られてきた問題を解いて学校へ提出することもあります。たいていの場合いつまでに学校へ提出しないといけないという期限があります。その期限内に提出して合格できたら、学校へテストを受けに行くことになります。
このテストは単位をもらうためのもので、これが一番大事な作業になります。テストは合格点が決まっていてそれ以上の点数を取ると合格になります。そしてテストに合格すると単位がもらえます。高校卒業までに取得しないといけない単位数は74単位と法律で決まっています。ここで全日制と通信制が異なるのは、全日制は卒業までの3年間で決められた単位を取らなければいけませんが、通信制は決められた単位を取れば卒業できるということです。3年以内に全部取っても卒業できないようにはなっているのですが、1年目と2年目で全部の単位を取ってしまえば、卒業までの残りの1年は自分の時間として使うことができます。

通信制のメリット

通信制の良い点をいくつか紹介しましょう。

1.学校へ通わなくてもいいので自由な時間が増える
毎日学校へ行く必要がないので、決められた課題を提出さえすれば、残りの時間は好きなことができます。もし中学を卒業して働いたとしても、仕事の後、帰ってきてから課題をしたり、また仕事が休みの日にまとめて課題をしたりこともできます。また仕事でなくても自分が将来やりたいことを優先して勉強することで、全日制進み高校卒業してから専門学校へ入学して勉強するよりも早くから学ぶことができます。それだけでなく、自分の趣味の活動を優先することもできます。近頃では趣味が職業になることも多くなってきたので、趣味を極めることにより将来自分の職業としてやっていくことも可能になります。

2.対人関係が苦手な人は誰とも会わずに勉強できる
通信制を選択する人の中には対人関係が苦手で学校へ行きたくない、という人もいます。そういう人でも通信制では高校卒業資格を取得することが可能です。また通信高校を卒業しても履歴書に「〇〇高等学校卒業(通信制)」と書かなくてもよく、卒業した高校名だけを書けばいいので就職で不利になるということはありません。もちろん高校卒業資格があれば専門学校、短期大学、4年生大学を受験することは可能ですので、進学する場合でも全く問題ありません。

3.経済的な事情で進学できない場合でも学費は全日制と比べて格段に安い

一般的に卒業までにかかる費用を学校別に紹介します。
〇公立高校
高校1年:約51万
高校2年:約47万
高校3年:約36万
合計・・・約134万円
これは都道府県によっても違いますし、修学旅行でどこに行くかによっても変わります。また工業高校などは実習費や実習に必要な道具を購入することもありますので、もう少し高くなります。

〇私立高校
高校1年:約127万
高校2年:約97万
高校3年:約85万
合計・・・約309万円
私立高校は学校によって授業料が大きく変わるので、一概に約309万円ということはできませんが、これより高くなることはあっても極端に安くなることはないと思います。
全日制ではさらに通学費もかかることになります。電車で通学する場合、一日の通学費が定期券を購入して500円と考えた場合でも一年間に250日通学すると、年間12万5千円になり、三年間通う場合は37万5千円になります。

〇通信高校(公立)
高校1年:5万
高校2年:5万
高校3年:5万
合計・・・15万円

〇通信高校(私立)
高校1年:21万
高校2年:21万
高校3年:21万
合計・・・63万円

通信制は年度初めにその年度に取得したい科目を履修し、その合計単位数×単位単価で授業料が決まります。通信制の学費の違いは単位単価がちがうので、このように差がでます。しかし全日制と比べると安いで、経済的な理由で全日制に進学できなくても通信制で高校を卒業することができます。また修学旅行もないのでその積立費用もかかりませんし、通学費も年間4日程度なのでほとんどかかりません。

通信制のデメリット

次に通信制の悪い点を入学してから経験する順番に紹介します。また悪い点だけでなく、それをどのように乗り越えるかも紹介していきたいと思います。

1.勉強についていけない
これは通信教育を受けると、ほぼ全ての人が経験することだと思います。テキストが送られてきて問題を解いたり、レポートを仕上げたりするのですが、いくら読んでも内容が理解できなかったり、要点をつかみきれず問題を解けるほど理解ができなかったりします。
これに関しては質問用紙やメールを使って高校の担当教科の先生へ質問したり、また最近ではネット授業を公開している通信制の高校もあり、理解できない部分に関しては動画で授業を受けたりすることもできます。通信制で入学する高校を決める基準としてネット授業があるかどうかはとても需要です。ネット授業が充実していなければ課題を提出できずに高校を卒業できないということになる可能性もあります。高校卒業を目標として入学しているにも関わらず課題を提出できずに、もしくは試験に合格できずに卒業できなければ入学した意味がありません。

2.課題を提出できない
通信制の高校に行く人は、通信高校と同時に仕事をしている人が多くいます。この場合、仕事上の都合や職場の理解が得られずに試験を受けにいくことができないということがあります。試験はネットで受けることができる通信制の高校もありますが、ほとんどの場合高校へ通学し受ける場合がほとんどです。
通信制の高校では少なくとも年に4回試験を実施してくれます。今回を受けることができなくても、課題を提出していれば次回の試験で受けることができるので、次回の試験にまわせばその科目の試験を受けることができます。注意しないといけないのは学年が変わってしまうと、もう一度その科目を履修して、また課題を提出しないと試験を受けることができなくなってしまうという点です。そうならないように学年最後の試験に多くの科目が残らないようにすることも気を付けなればなりません。
スポンサーリンク

まとめ

通信高校を選択することは全日制の高校に通学するよりも多くのメリットがあります。これからの時代、自分の才能や得意な能力を伸ばしそれを活かすことがあなたの人生にとって最大の武器となります。これから先の人生を考えたときに全日制の高校を卒業するか、通信制の高校を卒業するかは大きな問題ではありません。しかし通信制に通いながら自分の才能や能力伸ばすために誰よりも早く取り組める状況はあなたの人生を大きく変えることになります。そしてより専門的に学びたいと思った時に高校卒業資格がなければ受験資格がありません。また就職に関しては高校卒業が条件のところがほとんどです。そのためにも高校を卒業しておくことは必須条件と言ってもいいと思います。それと同時に自分の夢に他の人よりも早く一歩でも近づくために通信制の高校を選択するというのはこれからの時代に合った生き方だと思います。

記事:taqya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です